未来と自分は変えられる

「反省はするが委縮はしない」 「トップというのは決める事と責任を取る事」 「ネットの痛いような孤独を感じるのよ」リスペクトする3人

カテゴリ: 雑記

オット「申請と認可の大きな違いね・・・認めるかどうか、これで痛い目に遭うんですよ。😤」申請はただ出せばいい事なんだろうけども。


ニュースでまだ支援金が貰えない特集をやっていた。👀まだこんな事言ってるのか。驚くわ。『不備のループ』で16回も提出書類が返され支援金が貰えないと。担当の女性の音声だけテレビで流れたが・・まぁきつい言い方。「だからそれを言ったら詐欺を誘導してしまうでしょ?💢」みたいな、キレ気味の応対だ。ええぇぇ・・・こんななんだ。


オット「自分で出来る店主もいるけど、かなり難しいよ。1つ抜けていてやり直して提出すると・・『ここも抜けていました』と突っぱねられた事もあるよ。まとめて言ってくれたらいいのに。😤2回やり直しまではある。」

オット「担当者によるんですよ。親切な人もいるけど・・上から目線の人ね。天と地の差がある。いろんな担当者を見て来たけどね・・普通印鑑はいらないのに、『いや、要ります』って言う人とか。こっちは逆らえないからね。😤」相変わらず現場は大変そうやな。

オット「職員の当たり外れねぇ・・・教科書通りの人、ベテランの人、こっちだってプロでやってるプライドはあるからね。😤今までのところ2回NGが最高ですねぇ。3回目は通った。だから16回やっても通らないならプロに頼むべきです。もうムリでしょう・・・」

本来は本人が申請して支援金が貰えるのが本当だと。思いやりが無いのだと。オット「役所は権限があるから・・・😤」


そのプロに頼むお金が無いから自分でやってるんじゃないかなぁ。何とかならんのか。飲食店はずっと叩かれて来たからどこよりもコロナ対策はやっている。ずっと神経質にやって来たと思う。一番安全な場所じゃないかなぁ。




にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村



人気ブログランキング

『広島は、被爆76年の「原爆の日」を迎え、犠牲者を追悼する平和記念式典が開かれた。平和記念式典には、菅首相などおよそ780人が参列した。そして、原爆投下時刻の午前8時15分、黙とう。子ども代表・宅味義将さん「わたしたちは悲惨な過去を繰り返してはいけないのです」子ども代表・伊藤まりあさん「わたしたちの願いは日本だけでなく、全ての国が平和であることです」
一方、菅首相はこのあと記者会見を行い、式典でのあいさつで、「わが国は、核兵器の非人道性をどの国よりもよく理解する唯一の戦争被爆国」などの部分を読み飛ばしたことを陳謝した。』



小学生の頃『じいちゃんばあちゃんに戦争の話を聞く』みたいな?宿題があった。事情があって祖父母がいない子供もいたと思うけど。(まぁ今さら言ってもね)その宿題は強制ではなかったような。やって来た人だけ発表するというユルい感じだったと思う。


じいちゃん「昔は台湾に住んでたけんね。まだじいちゃんは子供やったよ。(大正生まれだ)」父親は和菓子屋を経営していて、じいちゃんは『坊ちゃん』と言われていた。裕福だったらしいが戦争が終わって台湾から日本に引き揚げて来た。暮らしは貧しくなった。じいちゃんは大卒で当時は大学に行ってるだけで高学歴だったそうな。※自分で頑張って学費は稼いでいる※日本に戻ってからばあちゃんと知り合うのだけど。非上場会社に40年勤務した。


じいちゃん「戦争が終わって店や家が瓦礫の山になって、(じいちゃんの父親)と瓦礫の中から自分の使ってた食器を掘り出した来た時は泣いたね・・・」これを覚えている。弟(亡くなった山口県の『蒲鉾』の親戚である)は小さかった。『お坊ちゃん』から一変して貧しくなったので環境の変化がきつかったと。もう少しちゃんと聞いておけば良かった。ほとんど覚えていない。


平和であれば原稿の読み間違いなんかどうでもいい気がする。




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



人気ブログランキング


👆今観たら奇をてらい過ぎのネタだなぁと・・・コアな層にしかウケないような。『解任』を皆が忘れるのはいつだろうか。けっこうすぐかも。
KIMG1599

爆笑問題の太田氏「あのネタの前提はNHK教育の『できるかな』という番組を茶化すネタ。小林賢太郎が茶化したのは虐殺があった事実(ホロコースト)ではなくて、あの当時のNHKの看板番組だった『できるかな』という番組の〝偽善性〟を茶化すということ。番組の中でしゃべらないノッポさんがしゃべりだしてエスカレートしていくという構成のネタなんです」と問題となったコントの趣旨を説明した。その上で解任の原因となったホロコーストに触れた部分について踏み込み、「ノッポさんがいかに冷酷だったら? ノッポさんが絶対に言わないセリフを(ネタの中で)言わせたかったわけですよ。つまり、彼の中では(ホロコーストは)『世界一残酷なもの』としてあったわけです」と小林氏のネタ作成の意図を代弁した。それでも改めて「解任は仕方ない」。ただ「選んだ限りは(組織委員会、政府は)説明してほしい」と訴えた。

👆太田さんの解説は納得した。ただ絶対に扱ってはいけなかった。ネタをひねり過ぎた挙句に自爆。ラーメンズの個性をひねくり回しすぎたのではないかなぁ。「ラーメンズはテレビ向きじゃない」みたいな事を小林さんは若い頃から言っていた。

KIMG1600

これを小学生の頃に大爆笑して観ていたのか・・・面白いと思ったのは他のお笑い芸人とは一線を画す感じで何か頭良さそうな2人って印象だったからか。まだファンだという気持ちは変わっていないけど。




👆年齢を重ねると中川家のすごさがわかるようになった。日本国民全員が笑えるようなお笑い。礼二さんはお笑いの神様に認められた天才だと思う。中川家のネタは全部が面白い。すごい事ですねぇ。兄弟漫才で中川家を超えるのはかなり大変だと思う。




ブログランキング・にほんブログ村へ



人気ブログランキング

オリンピックは観たり、観なかったりと。柔道はルールなんかほとんど知らないが何だか🥇🥈🥉ラッシュみたいでけっこう観ている。男子は金メダルばかりだと。すごい事になっている。女子の芳田司さんは銅メダルだった。試合も観たしインタビューも観たが、最初は「悔しい」と悲痛な感じ。銅メダルでこんなに喜べない競技って何だろうと思った。メダルが獲れない選手のほうが圧倒的に多いわけですが。


友人AのスーパーPTA役員だった母は『ママさんバレー』も経験しているらしい。ママさんバレークラブとかに所属してる人もいたが。昔は町内会でママさんバレーボール大会があった。町内の主婦で元バレー部だった人はもちろんだが、バスケ部・陸上部・ソフトボール部出身などの主婦が集められた。しかし運動部出身の主婦ばかりではない。

友人Aの母は「私は陸上部(娘は陸上)じゃないんよ。剣道を少しね。」夜に主婦たちが集まって大会前にバレーの練習をするのだと。仕方なく協力してる主婦「元運動部じゃないんです・・・」腕に青あざが出来て「夫がDⅤを疑われるから何か嫌だって・・・」みたいな人もいたそうだ。A母は楽しく練習に行っていたそうだが。

元バレー部の主婦でやたら厳しい人がいたらしく、下手くそな人には指導というか言い方がきつかったと。「うちの町内は去年優勝してるから今年も優勝しますよぉ。」嫌々やってる人との温度差がすごかったそうな。「現役の学生でもないのに・・楽しくやりたいですねぇ。」「ミスしたらビクビクしなくちゃいけないならもう二度と出ませんよ。💢」来年はお断りしますと言う人も多かった。



私「メダルが獲れない人もいるやん。何かちょっとなぁ・・・柔道の金メダルラッシュの感じ。金以外は認めないみたいな独特のね。体育会系じゃないからだけど理解出来んな。あまり好きじゃないね。観てて何かモヤモヤする。」A「銅メダルを心から喜べないのは不幸だと思うよ。すごい事なのにねぇ。」

A「素人のおばちゃんたちが優勝せねばならない、なんてのはおかしいと思う。悪いけどママさんバレーに勝利至上主義は要らないと思うけどね。オリンピックは結果がすべてだから厳しいよね。」私「外国人の柔道選手で銀メダルで大喜びしてたのを観たけど・・日本人は可哀そうだと思った。」

A「コメントがね・・・若いのに立派すぎるんよ。皆さまのおかげですって全員が言うもんね。」立派過ぎて圧倒される。しかし柔道以外でも金メダルが止まらないみたいだ。すごいな日本。



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



人気ブログランキング

KIMG1596
しっかり夏ですな。朝から蝉がうるさい。けっこうオリンピックばかり観てるような。他に観たいものがない。ソフトボールは調子いいなぁ~日本はよく打つなぁ。


オット「柔道の高藤さんの『金』は良かったよねぇ。日本の柔道は何でか『金でないと』許されないというか、周りじゃなくて選手がすごく思ってるんだろうけど。柔道くらい『銀』の価値を本人が認めてない競技はないかもねぇ・・・何か気の毒ですねぇ。」私「『お家芸』とかいうプレッシャーみたいな?」銀だってなかなか取れないのに、確かに厳しいなぁ。


私は開会式は全部を観てない。ミーシャさんの君が代は本当に素晴らしかった。『かき氷』みたいなドレスが印象に残る。あとはダンサーの人たちを観て終わり。森山未來のパフォーマンスも観たがビックリした。こんな人だったっけ?みたいな。オットは最後まで観ていたようで。

「天皇陛下の開会宣言中に菅さんと小池さんが座ったままでね。え?とは思ったけど。隣の人が立ってるのに気が付いた小池さんが慌てて立ち上がったところを観た。小池さんが菅さんより先に立った。そこをちょうど観たよ。」貴重なシーンを観たと喜んでいる感じだ。 

かなりお疲れなんでは・・・その事はやはりネットで叩かれていた。厳しいなぁ。もうちょっと体を労わってやれんもんかね。2人ともボロボロだと思うが。


一方夕方のニュースで医療従事者の憤りを観た。「オリンピックは観ません。」めっちゃ怒っている。医療崩壊の危機はずっと続いているのだ。場所がないので救急車の中で診療する事態が起きているらしい。医療崩壊の危機と闘う世界と様々な競技が行われている世界とが同時進行している異様な日本。すべてがずっと厳しいままだ。

36℃で命に関わる暑さなので部屋でオリンピックを観てるけどサイレンが鳴ってる。また増えた気がする。橋下徹氏はいつも厳しい顔で何か言ってる。

厳しいだらけでよけい暑い。



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



人気ブログランキング

昨日から気持ちは揺れております。😐

私はラーメンズのDVDや小林賢太郎氏の本やトランプ等雑貨も少しだけど持っている。子供の頃、従兄と西鉄ホール・天神まで公演を観に行ったし。何回か行ってるし。すごく好きだったし。

あのホロコーストのコント動画は確かに浅はかでバカで弁解は出来ないと思う。私はその動画は知らなかった。よく見つけたなぁ・・・・・・・。何か過去を必死で暴くナゾの悪意みたいなものを感じる。開会式前日に解任に追い込む見えないチカラを。小山田圭吾の場合はもはや犯罪レベルだと思いますが。オリンピックに関わる人物を次々と消しにかかってる動きがあるとしか思えない。

選挙絡みで何かが裏で行われてるような気がする。オリンピックを潰したい強い意志を感じるのよね。つまり菅政権を抹殺したいのだろう。始まりは佐々木宏って人が渡辺直美さんの容姿を侮辱した事からだろうか。森さんはこの人の前に辞めている。関係者の過去を暴く作業はかなり前から始まっていたのではないか。1人1人の黒歴史を見つけ出して温存して「さあ今だ」とタイミングを計って・・・と。


改めて思うのはそういう事をされても仕方ない人間たちが選ばれていたという事実だ。自業自得ですね。

実るほど頭を垂れる稲穂かな

👆これが無いんだろうな。結局は。

これらの救世主が女子ソフトボールやサッカーの選手たちだ。オリンピックが沈みそうなのを頑張って引っ張り上げてくれている。主役はアスリートたちなんだから、残念な関係者なんかどうでもいいんだけどね。実際。

でもラーメンズは救いたい。ホロコーストはあの2人の本質ではないと信じているから。ラーメンズは抹殺しないで欲しい。


👇この映画でドイツ人の男子学生がナチス式敬礼をされてブチ切れるシーンがある。(アメリカ人学生だったか手を振り上げる動き)日本人の感覚とは違うんだなぁと思った。ドイツ人は深く傷つくのだと。あのコントは国際的にマズいと思った。






ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



人気ブログランキング

小林賢太郎氏を解任 五輪開会式演出担当、ホロコーストをやゆ


『23日の開会式でショーの演出担当を務める元お笑い芸人の小林賢太郎氏(48)が解任された。大会組織委員会関係者が22日、明らかにした。小林氏は、過去にユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)を題材にしていたとみられるコントの動画が拡散し、SNS(ネット交流サービス)で批判されていた。【田原和宏】』
👆
これはショックです。小学生時代からのラーメンズ大ファンとしてはマジきつい。小林賢太郎氏の場合は小山田圭吾とは違うんです!と庇えるかというと、できない。その動画は観ました。バカだなぁ・・・と残念。私はナチもの映画はかなり観てる。この2本を観たら人をイジメようとか、ユダヤ人大量虐殺で‘’やゆ‘’しようとか絶対にそんな気にならんと思う映画です。『サラの鍵』『ライフ・イズ・ビューティフル』






人が踏み越えてはならない境界線ってどこだろう。ここ最近その境界線はやたら厳しく息が詰まるような気がする。完璧な人間はいないからミスをする。ミスはするけど、これに触れたら人として自分はもう終わりだとブレーキを踏める人がほとんどだと思うのよねぇ。小林賢太郎氏は「そんな人じゃありません」と言ってあげたい気持ちはあるが。ホロコーストはまったく笑えないんですねぇ・・・

今まで積み上げて来たものがこれで崩れ去ってしまうのかな。片桐仁さんに影響しなければいいけど。しかし今回はきついなぁ。本当にバカだなぁ。

『当時の自分の愚かな言葉選びが間違いだったということを理解し、反省しています。不快に思われた方々に、お詫びを申し上げます。申し訳ありませんでした。先ほど、組織委員会から、ショーディレクター解任のご連絡をいただきました。ここまで、この式典に関わらせていただけたことに感謝いたします。小林賢太郎』

自分を特別な存在であるとか、自分の事をやたら過大評価し過ぎているとかもあったりするんじゃないかなぁ。そういう隙を突かれてるんじゃないかなぁ・・・周りが特別扱いして甘やかすのもあるんじゃないかなぁ。小林賢太郎ファンとしては悲しい。



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



人気ブログランキング

スポーツのチカラってすごい。嫌な雰囲気とか一変させてしまうのだ。話題の小山田圭吾ってまったく知らなかったけど。どっちかと言えばいじめられる側みたいな雰囲気の人だなぁという印象。よく「作品に罪はない」とかあるけど。この人が作った曲って小山田圭吾の人格が入ったものなので辞めて当然だと思う。何だろう・・・抵抗できない弱い者に向かわず強い者に挑んで向かって行けばいいのにと思う。ふ~んこういうタイプの男が周りにいないので理解出来ない。

7/21の福岡のローカル番組は『五輪・ソフトボール』で盛り上がっていた。👀

福岡市出身の上野由岐子投手。39才になられるとか。すごいなぁ。野球とかソフトボールに興味がなくても「おお」ってなる。この方は女性から見て本当にカッコいい。「惚れてまうやろー」暑さも忘れて観てしまう。これは・・・なんだかんだオリンピックは観てしまうかも知れないな。

ただ勝つと面白くなるからだけども。負けるとやっぱり気持ちは冷めるかも。今テレビ画面は女子サッカーが流れているが、カナダに負けているようだ。澤穂希さんの時代がなつかしいな。上野さんとかやはりカリスマ的な人がいると全然違う感じがする。

一方なでしこジャパン。オット「うわ・・キーパーが下手くそ。何かダラダラしてる負けてるのに。」ブツブツ言いながら観ている。私「ストレス溜まるような試合か?」オット「はぁぁ~引き分けだった。まぁまぁ良かったですね。いいスタートやね。始まる前の嫌な雰囲気が変わればいいけどね。」この調子が続けばねぇ。

しかしテレビのCMがオリンピック色を出して来たようだ。ザ・手の平返し。あんだけワイドショーで『五輪叩き』をやっていたが。すごいオリンピックなのは間違いない。感染拡大が大変な事になっているのと同時進行でやってるわけだ。忘れられない夏になるのは確かだ。



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村




人気ブログランキング

オットの怒り。
『国の新型コロナウイルス対策の「家賃支援給付金」を経済産業省のキャリア官僚2人がだまし取っていた事件で、逮捕された新井雄太郎容疑者(28)らが設立した別の会社にも家賃支援給付金数百万円が振り込まれていたことが2日、捜査関係者への取材で分かった。別会社にも2人が関わっており、警視庁捜査2課は申請状況に不正がなかったか会社の実態について解明を進めている。2人は新桜商事に家賃支援給付金を不正に振り込ませたとして、詐欺容疑で逮捕された。同社は稼働実績のないペーパーカンパニーとみられ、新井容疑者の自宅や桜井容疑者の実家など計3カ所を会社の事務所として申請していた。

エリート人生を棒に振った人たち。頭いいのか悪いのか。


オット「本人たちが働いてる産業省が給付するわけでね・・・自分で申請して自分が貰ってる簡単な詐欺ですよ。元税理士とか元税務署職員とかちょっと知識があるコンサルタントとかが詐欺してるのはあったけど。まさかここまでと思うよね。😤」お!給付金絡みは腹が立つようだ。ニュースを観ながら現場の声が出ている。


高学歴のエリートが架空のペーパーカンパニーを、空き家になってる実家を利用していた。住んでいない母親は取締役になっていたらしい。申請のやり方は仕事なんだから熟知していたから本当に楽な詐欺だ。自分で申請して自分が払うって・・どんな気持ちなんだろう。私生活は派手で金遣いが荒かったみたいだ。


オット「内部告発でしょうかね・・・嫌われてたんだろうけどね。あいつはおかしいと・・」

私「で、まともな人たちの支援金だけどさ。『不備のループ』だってよ。先生とかプロが申請してるのに‘’はじかれる‘’って。申請がすんなり通らないってよ。」なんでだ❓


オット「書類が『これは違う』って返って来るんですよ。😤『〇〇の書類を出してくれ』ってね。うちの事務所もあるよ。他のを出したら通ったけどね。今のところ、うちは何とか全部切り抜けてるけど。『たらい回し』も多いんですよ。腹立つ。💢」

本当に困ってる人にはなかなか支払われないのに、こんな2人には・・・と怒ってるでぇ~

オット「こういうニュース観ると、がああああああってなる。」はい来週も頑張りましょう。




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



人気ブログランキング

『リストカットとは、手首(リスト)を自分で刃物など鋭利なものを使って傷つけるタイプの自傷行為です。
自傷行為は、自分に意図的に苦しみを生じさせる行為ですから、多くの人に理解できないものと受け取られることでしょう。

自傷行為には、もっと根の深い問題がかかわっていることがあります。 その第一は、自分を大切にすることができないという特性です。自傷する人には、自分を無価値だと考えて、自分など傷ついて当然だと感じていることが少なくありません。』


小学生時代。福岡ではファーストフード店のロッテリアはけっこう人気で、私は子供時代はマクドナルドよりもロッテリア派だったのだ。<バター醬油味のシャカシャカポテト>が異常に好きだった。(なつかしい)かなり行ってないけどマクドナルドもほとんど行かなくなったし。キムタクのCMが流れていると🍔買いたくなるけど。


子供の頃はけっこう通っていたと思う。店員さんは基本皆笑顔で感じ悪い店なんかゼロだもんね。どこ行っても。夏休みだったと思うが従兄と2人店内で食べるつもりで行った時の事だ。従兄が2人分注文していた時。学生アルバイトの笑顔で仕事しているお姉さんを私はじっと見ていた。👀人間観察は子供の頃からの生活習慣なので。

当時店のユニフォームは半袖ポロシャツだったと思うが。その彼女の左腕の肘から上へ~肩から下の部分で半袖で隠れている腕の境界線というか、布で覆われていないところギリギリの肌の部分。何だか直線が何本かチラチラと見える。子供だった私は皮膚に不思議な模様?があるので驚いた。腕には肌色の(ちょっと肉が盛り上がったような感じだ?)直線が複数あるのだ。彼女と目が合うと笑顔で私を見た。

従兄が「席に座るよ。」と呼んだ。従兄に「あのお姉さん・・腕に線がいっぱいあったよ。」従兄は「」もちろん『リストカット』なんて知らない。


ああいう出来事は強烈に印象に残るものかも知れない。今わかるのは彼女は何か酷い悩みを乗り越えてバイトが出来るまでになっていたという事ですね。あの時の笑顔も覚えている。作られたものではなく、本当に今が楽しいという笑顔だった。あの年齢でウソを演じるのは難しいと思うので(17才前後か?)きっといろいろと人生が好転したのではないかなと。

半袖は古い傷跡がスレスレのところで見えるか見えないかくらいの長さ。今頃になってわかるのは抵抗なくあのポロシャツが着れたって事だ。メンタルがかなり改善されたからだろう。子供の頃はわからなかった出来事っていっぱいあるような気がする。そして長い年月をかけて事の真相がわかると初めてそうだったのかと・・・遅いなぁ。

KIMG1441



ブログランキング・にほんブログ村へ




人気ブログランキング

↑このページのトップヘ