未来と自分は変えられる

「反省はするが委縮はしない」 「トップというのは決める事と責任を取る事」 「ネットの痛いような孤独を感じるのよ」リスペクトする3人

カテゴリ: 株の世間話Ⅲ

今野記者「1週間で約400円日経平均は上がった。しかし中身を見ると歪んでいる。大幅高だけど東証一部の値上がりと値下がりが拮抗している。上げた要因はアメリカ経済を3段階で再開させていくと発表したのと薬への期待感だろう。実体経済は後追いである。確かに感染者数の増加は減ったが何万人かは出ている。日本は東京最多で200人を超えた。5/6までの外出自粛であるが。


油断はいけないが我慢して頑張るのは在宅ばかりでは、これが難しいところである。レムデシベルやアビガンなどの効果が確認されれば追い風になるのだが。決算発表の延期が増えている。判断材料がない今株を売ったり買ったりするのは非常に難しい。」



田村さん(ブルームバーグインテリジェンス)「会社では2月末から在宅ワークを始めている。海外の企業は対応が元々準備が出来ていて全員のデスクに1つずつ電話会議室が入っていて自宅のパソコンからも使える。今Zoomが流行っているが以前からそういうのをやっていたのであまり変わらない。日本企業と海外企業のいざという時の危機感や本気度が違うと思う。上からのサポートのメールやマスクは3週間分で15個貰った。

日本政府はバラバラ感と出遅れ感がある。命令系統は1本化していないとついて行けない。時間がないのだ。中国のGDPのマイナスではあっても計算が出来ないよりは数字が出て良かったと思う。先週はアメリカの経済再開の期待感で盛り上がった。一方で金融株はマイナスで原油や資源株はズルズルと下がっている。

アメリカの長期金利が下がったままだ。先々週が0.7で先週は0.6だが1%切るのはアメリカ市場では異常事態なのだが。日本も長期金利は0に張り付いたままである。そして金価格が高い状態で張り付いているのでリスクモードは抜けてはいない。追い打ちをかけるのは銀行は決算発表が大幅減額となっている。

コロナによるロスが出そうなので前もって引き当てをするという事だがルール変更があってコロナで多めに積むと。日本の銀行の場合は将来予測の分が先に入れてあるのでそんなに影響は受けない。今どんどん企業の決算は延期されている。証券の野村は4月末だったのが5月になった。

20年3月期の水準がわからない。予想が出るまでは方向感が見出しにくい。米10年債長期金利が動き始めたら何かの兆しかも知れない。金融株と連動しやすいからだ。」




にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ
にほんブログ村



株式ランキング

SOX指数(フィラデルフィア半導体株)台湾のTSMC(半導体受託製造)の決算の見通しで15~18%くらい伸びると表明した。1月は20%くらいだったので変わらなかった事が好感された。データセクターとか巣ごもり消費のタブレットとかゲームなどに半導体が使われる。半導体市場に勢いがつくと見られている。SBテクノロジーなど注目だそうです。

主な予定
4/20㈪3月の主要コンビニエンスストア売上高
1-3月期決算はIBMやハリバートンなど


4/21㈫3月の食品スーパー・全国スーパー売上高
ドイツ4月の独ZEW景気予測指数
1-3月期決算はコカ・コーラやネットフリックスなど


4/22㈬20年3月期決算ジャフコ
3月のCPI
1-3月期決算はバイオジェンやザイリンクスなど


4/23㈭2月の景気動向指数 20年3月期決算オムロン 20年1-3月期決算中外製薬やキャノンなど
週間新規失業保険申請件数 4月の米製造業PMI 1-3月期決算インテル
ユーロ圏4月製造業PMI


4/24㈮3月全国CPI(19年度)3月の全国百貨店売上高 20年3月決算アドバンテストやファナック
ドイツ4月のIfo企業景況感指数
3月耐久財受注額 1-3月決算ベライゾン・コミュニケーションズやアメリカン・エクスプレスなど


北原女史「マザーズ銘柄で(1/23~4/15日の間)株価が①25日線を上回り、累積の大きい価格帯を上抜けている②25日平均売買代金が5.000億円以上③200日移動平均線に対して下方乖離△0.1~△20%以内の銘柄だと。2つ紹介。
メルカリライフネット生命(全部で16銘柄あるそうですが)外出自粛でネットを利用する環境になっている。金は上昇傾向で先行きの不安でリスク回避の動きは見られる。WTI原油先物価格は反発力が鈍い。」



にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ
にほんブログ村



株式ランキング

ストックボイスより。トランプさんが感染が比較的軽微な地域から外出規制を緩和していくという方向を打ち出した。経済活動の再開を示した。NY市場のダウ夜間取引が急上昇した。日経平均も高値を追う場面があった。しかし値上がり銘柄は東証一部で49%でTOPIXの上昇は小幅であった。大型株・日経平均採用銘柄が中心だったようだ。

今週は3月の戻り高値を抜いて陽線をもう1本加えたとこで戻り第2波に入って来た。3月中旬に開けた窓と13週移動平均線が20.800前後の水準までキャッチアップ出来るかどうか。来週のポイントになるのではないか。

海運・鉄鋼・ガラス・機械などのグローバルな景気敏感セクターが上がっている。アメリカの景気が底入れすれば日本の輸出産業も恩恵を受けるという見方があったようだ。陸運・石油セクターが弱い。富士フィルムホールディングスを中心にコロナ治療薬に関わる銘柄がマイナスとなった。

ソフトバンクグループは売買代金が4割近く膨らんでいる。中国市場でアリババ株が急上昇している。中国で1-3月期の数字がGDPの統計は記録的なマイナスだったが。同時に中国国家統計局から小売売上全体は20%近い下落でもネット小売りの売上高はプラスだったことで改めてアリババ集団の人気がわかった。ソフトバンクグループ保有株式の損失の警戒感が好転した。


上野さん(三井住友)「トランプさんの強気を専門家の中では早すぎるのでは、事態を悪くするのではという見方もある。経済をクローズしとくわけにはいかないので様子見ながらゆっくりと再会するのだろうが。また広がるような事があるリスクはある。日本は周回遅れのようだ。緊急事態宣言が一部から全体になったので深刻な印象はあるが来週以降はダウに習う形になるだろう。

日経平均20.000は心理的な節目になる。これから企業の決算が出てくるので3月決算の具体的数字を見て見極めるべき。百貨店なんかは相当厳しいだろう。」


半導体関連ハーモニック・ドライブ・システムズジャスダックの指数に貢献している。コニカミノルタアメリカにある関連会社がコロナのPCR検査の受託を開始するというニュースが出ている。久々に資金が入った。

ソニー明治山一電機などが決算発表を延期するとした。なかなか数字がつかみにくいのだろう。



マルマエ半導体製造装置や液晶パネルの製造装置部品の加工。3月の月次発表。半導体(前月比)17.1%増。パネル(前月比)3.7%増。全体では12%増だった。コロナの影響は少ない。設備投資の拡大が続いていると発表した。

クボタ自社株買いで2.000万株(1.7%)200億円4/20から買い付け。




にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ
にほんブログ村



株式ランキング

はい今日の日経平均は19.897(+607)NYダウ23.537(+33)ドル円107円台で原油20割れ。午前11:00に中国が発表した1-3月のGDP(前年同期比)-6.8%と中国初のマイナス成長だった。これで日経平均の上げ幅が縮小。後場は大幅高。アメリカ・ヨーロッパの感染者数がピークアウトしつつある。そろそろ経済活動を再開する動きが垣間見られる。

アメリカの半導体銘柄が買われた。<東証>ディスコが続伸 「半導体需要は底堅い」との見方ディスコ半導体装置関連アドバンテストは上昇トレンド継続。台湾の半導体メーカー台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング(アップルの大きなサプライヤー)の決算や設備投資の内容が好感された。東京エレクトロンTDK等も強かった。

カネカが急伸、しかしデンカ富士フィルムホールディングスは下げている。<東証>カネカが一時ストップ高 アビガン原薬生産を材料視

電鉄セクターJR東日本今回全国での外出自粛や移動自粛でゴールデンウイークはほぼ壊滅的と想定され軟調だった。



WORLD MARKETZより。
米週間新規失業保険申請件数524.5万件(4/11までの1週間)
米3月住宅着工121.6万件(-22%)建設許可135.3万件(-7%)
米4月フィラデルフィア連銀製造業景気指数-56.6%過去最低水準だった。

モルガン・スタンレー1Q決算。総収入(前年同期比)8%減収。収益は32%減益で市場予想を下回る。1株あたりの利益は1ドル39から1ドル01となった。トレーディング収入は30%増で債権や株式が大きかったそうだ。

コストコ・ホールセール・コーポレーション1株あたりの四半期配当を65セントから70セントに引き上げると発表した。配当引き上げは16年連続である。売上-8.7%でちょっと厳しかった。

東野さん「日経平均は20.000円は見えていると思う。米株に比べて出遅れているが。材料としては円安の動きが必要になるだろう。3月安値の上昇局面で見ると足元では医薬品・水産などが背景になる。20.000を超えるには景気敏感株が牽引する動きが必要条件になってくると思う。機械や電機セクター・海運・私鉄・鉄鋼等買われてないところが来週以降牽引して行く動きは必要。

足元の底堅さは日本企業も中国工場の稼働率を上げたりしているニュースも出ているのが下支えだろう。4~6月はボトムではないかとマーケットは織り込んでいる動きがある。先々の見通しを出す企業の評価は高い。マーケットは先が見たいのだ。IMFは世界景気の見通しを20年GDPは-3%で21年以降は+5.8%と早い回復を見込んでいる。

19.500のところで上値が重くなっている。※二番底というのは一番底を下回らない事が条件である。今の時点では下回るかどうかわからないので3月の安値が底割れしてしまうとそこは一番底ではなくなってしまう※秋口くらいに二番底の可能性はあると思う。21.000を超えると上値も2018年以降の価格帯累積売買代金がかなり積み上がっている。戻り売りも出るだろう。

IMFの+5.8%の下方修正もあるかも知れないから注意が必要。」




にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ

にほんブログ村



株式ランキング

米国、コロナ死者3万人超に 1か月で2200万人失業

ストックボイスより。日経平均は前場9時くらいで高安を付けその後は膠着状態の気迷いムードだった。原油が下げ止まらない。メガバンクや自動車株が弱かった。新興市場はこのところ強い。任天堂が堅調である。ソニートヨタ自動車が安かった。アステリアがブイキューブと組んでネットで株主総会をやるというテレワーク関係の材料が出た。高値更新はドラッグストア銘柄が目立つ。

みずほフィナンシャルグループは3.3%の下落。小売りの三越伊勢丹ホールディングスは外出自粛の影響を受けている。4月上旬の売上高は前年度より80%減の売上だった。堅調なのはキャン★ドゥ100均は巣ごもり消費の思惑からかコロナショック以前の高値を付けている。

外国人は9週ぶりに現物買い越しで個人は現物売り越し。先物は個人も外国人も売っている。


オリックス決算発表を5/11予定だったが5/21に延期すると。現時点では20年3月期の業績予想を変更する予定はないそうです。各セグメントにおけるリスクは限定的とのこと。自社株買いに含みを持たせているようだ。

エスクロー・エージェント・ジャパン自社株買い100万株(2.35%)2億円で5/17~6/22まで。

ネットイヤーグループマザーズ業績予想の上方修正。20年3月期の着地見通しを赤字幅が縮まると。2億円の赤字が7.700万円の赤字で着地。親会社のNTTデータとの取引増加など。

プレミアムウォーターホールディングス(二部)月次新規契約件数と保有契約件数が3月29.357件。2月25.295件。増えている。

オプティックスグループ工場向けの防犯用センサー。自動ドア用非接触スイッチを発売するそうだ。クリーンスイッチという。シャッターの開閉で10センチ手前で手をかざすとドアが開くらしいです。

きちりホールディングス居酒屋さんだが除菌消毒サービス事業を始める。オフィスとかの消毒サービスをするらしい。



にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ
にほんブログ村


株式ランキング

はい今日の日経平均は19.290(-259)NYダウ-445でドル円は107円台で原油がヤバい。直近3/25戻り高値を抜いたものの売り物に押されている。アメリカの銀行が決算発表したが冴えない。多額の貸倒引当金を計上しているという事で1-3月期が大幅な減益になっている。日本の銀行三菱UFJフィナンシャル・グループなども売られている。
同じく決算発表があった日置電機12月期1Q決算。売上4%減収で純利益は21%減益。電子測定器や記録装置の会社。アジア中心に伸び悩む。見通しは据え置いたが下振れ観測も出ている。



窪田さん(松井証券)「個人投資家のデイトレは新興市場の小型銘柄が多かった。3月前半までは信用取引の人は厳しい状況に追い込まれていた。信用評価損益は-17%で最悪期の-30%よりは回復。このところ売り残が増えている。日経平均が20.000台に戻すと思っている個人投資家はいないのだろう。この先企業の下方修正も出るが決算発表で大幅な下方修正をしても株価は上がっている。

ソフトバンクグループのようにむしろ株価は上昇している。膨大な自社株買いをやっているのとクレジット市場はまだ危機感を覚えていないのと。1人10万給付が可決されたら小売り関連など恩恵を受けるのでは。ただし原油が20ドル割れしてこれが反発しないと財政状況が厳しい産油国ファンドが株式を手放すかも知れない。ノルウェーはかなり売ってるらしい。ロシアも一部手放したとか。注意が必要である。

売り残が多いソフトバンクグループや東京エレクトロンなど貸借倍率を見て信用の買いと売りの比率を見て売り超過してる銘柄を探すと安心だろう。」デイトレ適正ランキングは①ソフトバンクグループ②日経レバ③関通④日経ダブル⑤プロルート⑥任天堂⑦ロゼッタ⑧モブキャストHD⑨ALBERT⑩メドレックス



WORLD MARKETZより。
米3月小売売上高(前月比)-8.7%で予想は-8%だった。

プロクター・アンド・ギャンブル20年1-3月期3Q決算の前倒しと配当の引き上げを発表した。1株あたり74.59セントを79.07セントへ6%引き上げる。

山中さん「ここ1週間ドル円はじわじわ下げている。以前の資金市場でのドルひっ迫状況が着実に解消されている。しかし思った以上にドルの手当てに困っているところがあるのだろう。FRBのジャンク債購入でコロナによって格付けが引き下げられたところは安心しただろう。その動きがドル安になったのかな。気になるのは先週金曜日以降の金が一時1.747ドルと高い水準になったこと。

金が目立って買われた後はリスクオフの予兆的な動きをしている。リスクヘッジの意味で金を買う見方もあるが。一方原油に関してはOPECプラスとG20を巻き込み大減産協調になった。消費が減ってる分の半分しか減産できず結果として余剰となった。株式市場はまたリスクオフに気をつけなきゃならない動きになった。アメリカ企業の決算も実体経済の指標も悪い。株は後追いで下げる。

コロナウイルス後に期待しての買いは早すぎるのでは。IMFもかなり悲観的なコメントを出している。5月が終わる頃には完全に大丈夫なのか。全世界の感染者数の5割りがヨーロッパである。コロナがなくても元々ヨーロッパは景気が悪かった。国は多いが財政は運命共同体というところまでは行けないようだ。コロナが落ち着いても今度はブレグジットの移行期間の問題がある。

まだ楽観的になるのは早い。」



にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ
にほんブログ村


株式ランキング

ストックボイスより。全体として大きい動きはなかった。日経平均は上下値幅はなく推移した。NYダウは大幅高になった。トランプさんの経済活動は早すぎるのではと慎重な声もあるが。アジアはマイナスだった。石油・鉱業が弱かった。20ドル割った事が大きく減産を打ち出しても足りないという。原油安メリットで空運株が強かった。訪日外国人は中国なんかは98%減で2%しか来ていない。これは3月なので4月はもっと酷いだろう。

巣ごもり銘柄の代表みたいな任天堂ソニーは人工呼吸器(部品製造)の生産に協力するという報道があって上がっている。高値更新では外出自粛で神戸物産ウエルシアホールディングスなどが強い。


ヨシムラ・フード・ホールディングス食品系の会社をM&A買収して成長を図っている。20年2月期売上26%増。営業利益127%増。経常76%増。しかし当期純利益は32%減益になっている。海外の子会社も買収していて為替差損が発生し特損、繰延税金資産の回収可能性について減損を行っているのでその分カウントされている。今期も売上3.4%増。営業利益12.6%増の見通しを出している。

シンクロ・フード飲食店向け求人サイトを運営。3月期着地の減額修正。売上10%減。営業利益21.7%減額。コロナの影響を飲食店が受けている。

eBASE3月期着地の増額修正。食品業界を中心に食品情報の管理ソフトを開発販売。売上7%増。営業利益10.9%増。前期比で17.4%の増益になる。大型案件の継続的受注が好調。

フジミインコーポレーテッド半導体ウエハーの研磨装置をやっている。3月期着地増額修正。売上2.4%上振れ。営業利益25.5%上振れ。これまでは減益を見ていたが11.1%の増益に変わる。配当は期末40円を予定していたが47円を維持すると発表した。

フェローテックホールディングス(ジャスダック)半導体シリコンウエハーの再生事業の設備投資を行うと発表した。中国の会社と共同で古いシリコンウエハーを再生してテスト用のシリコンウエハーを供給するという。9月に竣工して来年4月に量産開始する。



塩原さん(ワシントン記者)「バージニア州在住。感染者数が増え、皆感染を恐れている。買い物にはマスクをして医療用の手袋も。日本はここまでない。商品にウイルスが付いてたら怖いからだ。医療現場がひっ迫している。防護服など物資が足りないとメディアで伝えられている。アメリカは厳しい外出禁止が長期化しているので皆フラストレーションを貯めている。

アップルとGoogleが濃厚接触者を割り出すアプリを作っているが。これはスマホのブルートゥ―ス(無線通信)=10mしか飛ばせない、でお互いアプリを持った人同士が近づくと。1.8m以内に入って来た人が陽性患者で1~2分一緒にいたら警告が出る仕組みらしい。しかし全員がスマホを持ってアプリを使わないと意味がないと言われている。

トランプさんは大統領選もあって経済がガタガタになる前に諮問委員会を立ち上げたいようだ。雇用悪化は底なしでまた木曜日に失業保険申請件数が出る。打つ手がない。外出禁止措置を緩めたい考えだ。一方バイデンさんはニューヨーク州知事のクオモ氏を副大統領に指名するかもと噂が流れている。」



にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ

にほんブログ村



株式ランキング

はい今日の日経平均は19.550(-88)NYダウ+558でドル円は107円台やや円高。原油が20ギリギリですね。アメリカは感染者数がピークアウトしたのではという見方でNYダウは堅調だった。日経平均は大幅高の反動というか売り物先行で小幅安。任天堂連日の高値更新中で外出自粛・巣ごもり需要でゲーム機器の販売の増加が見込まれる。スイッチとライトを国内向け出荷を再開するとリリースした。今日も大幅高である。

出光興産コロナによる原油の需要減が2.000万バレルから3.000万バレルとされ需要が減った分を減産では補えないという状況が明らか。WTIが20を割り込む場面があった。原油関連は軟調だった。

ソフトバンクグループは反落しソフトバンク携帯は上がりました。有難いです。串カツ田中ホールディングスは朝の勢いが続かなかったですね。ANAホールディングスなど空運株は堅調だった。



WORLD MARKETZより。IMFのGDP予想は世界成長率-3%だと。
米3月輸出物価指数(前月比)-1.6%で予想は-1.9%だった。3月輸入物価指数-2.3%で予想は-3.2%とどちらも上振れた。
ウェルズ・ファーゴ4大銀行の1つで1-3月期決算発表が始まった。1株利益は1セントで予想は30セントとかなり弱い結果に。

WHOは13日コロナ感染者で回復後に再び陽性になるケースについて回復者に免疫が付いたかどうかは不明との認識を示す。上海での例で回復後に抗体反応を示す人と示さない人がいると。抗体量が少ないと再び陽性になる。

トランプさんは13日コロナ対策チームを率いるアンソニー・ファウチ博士を解任しないと発表した。「もっと早く外出規制をやっていれば」という発言を共和党の関係者が聞いて首にしろと言ったらしい。

近藤さん「FRBはCLOだけでなくCMBS(商業不動産担保証券)までも買い入れると言ったので驚いた。パウエルさんは銀行崩壊の恐ろしさを知っていて量的緩和もやって金利1%を全部切ったのだと思う。それは0.25ずつとか0.5ずつやるほど時間の余裕が無かったから。タカ派(過去3回の利下げすべて反対した)のローゼングレン氏が法改正してでもリスク資産を買わなきゃいけないと言わせる事ができた。

トランプさんはレバレッジドローン対象のシェール企業の破綻申請でやっとパウエルさんの気持ちがわかり、協調減産に繋がった。財務省がFRBにお金を出すのは迷いがあったがパウエルさんの交渉力の高さだろう。かたや日本は?ETF買いしかやる事がない。全地域で下方修正しているのにである。

黒田さんは首相官邸しか見ていない。マーケットが見てるものとは違うので上値が重いままなのかも。売上を保証すると言うならGDPの10倍のお金が必要だ。利益は売上に対して1/10くらいしかない。100の売上のうち90は経費であるからこの経費を減らすサポートをしてあげるべきだ。FRBはやっている。

日本は時間をかけすぎている。」



にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ
にほんブログ村



株式ランキング

ストックボイスより。3/25の戻り高値を抜いて来た。第二段の上げになるか。ミニSQが幻のSQ値になるかと警戒感があったが19.577を上回っている。ヨーロッパ・アメリカの感染がピークアウトが近いのではと。そして中国の貿易統計が1~2月に比べてそれほど減少していなかった。

投資損失が最終赤字7.500億円と発表したソフトバンクグループは売り物先行だったが押し目買いが入りプラスで引けた。主力銘柄が買われた。コロナを織り込んで今年後半を見据えて買っているのか。日経平均VIは36.41の水準で警戒感が後退している。アンジェスの話題はマーケットにとって明るい材料になった。

ファミリーマートは決算発表を好感されて大幅高した。清水建設は作業所の一部でコロナウイルスで亡くなった人がいた。しばらくは非常事態宣言の7都府県の全事業所を停止すると。ネガティブインパクトになった。金価格連動型上場投資信託1オンス1.700ドルに乗せた金価格だが連動するETFが買われている。


ピックルスコーポレーション20年2月期売上1.8%増。営業利益32.8%増。お漬物会社で『ごはんがススム君』は発売10周年で堅調な推移。今期は慎重な数字だった。

IDOM中古自動車ガリバー展開。20年2月期増額修正を出した。売上6%増。営業利益40.9%増の修正。小売り価格設定の精度を向上させた。そして自社株買い発表は30万株(3%)15億円で4/15から買い付け。

串カツ田中ホールディングス1Q決算。売上34.3%増。営業利益91.5%増。経常利益77.2%増。過去最高となった。既存店の伸びが好調。ただ2月まで(12-2)の数字なので休業の織り込みは入っていない。通期見通しは変更なし。中間期の進捗率が89%でかなり高い。

さらに自社株買いで50万株(5.3%)5億円で4/15から買い付け。

ドトール日レスホールディングスレストランチェーン。金庫株の消却を50万株(9.88%)4/30に消却する。



森さん「サンダース氏は大統領選候補から撤退したが、この人は民間の医療保険を廃止して公的な国民皆保険を導入すると言っていた。もしそうなったら民間の病院や保険会社は経営困難になるので株価が押さえられて来た。バイデン氏については長い目で見たらトランプさんよりいいのではと言われている。トランプさんは再選したら中国に強行を入れて来るから株式市場にはバイデン氏のほうがと。

米株のおススメだそうです。ZOOM3月でユーザーは2億人超えだそう。日本でも話題。画像が良く音声の遅れもなく満足感が高い。NETFLIXこの会社は広告で食べてはいない。コンテンツは自前で使ってるから粗利が高い。世界でユーザーも増えている。巣ごもりの環境で際立って来た。ディズニーと違ってポルノ配信もやるのでユーザーが幅広い。

クローガースーパーマーケットで買い物しながら同時に会計を済ませるという。マイクロソフトと提携していてハイテク装備のスーパーだそうです。MRNAモデルナ2月末にはワクチンを作っている。安全性の試験の成果は8月頃に出る。検査キットを寄付したりと倫理観を持った企業。

ダウが下げたのは銀行の決算が出るのでいったん利食いが出たのではないか。」



にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ
にほんブログ村


株式ランキング

はい今日の日経平均は19.638(+595)ダウは-328でドル円は107円台。コロナウイルスの発生が徐々に減速しているとの見方が専門家の間からも出たりして警戒感が和らいで買いもので始まった。後場は戻り高値19.500を抜いて来た。NY市場はマイナス銘柄が多いがSOX指数がプラスでハイテク系やインターネット通販の期待される銘柄が目に付いた。

東京エレクトロンTDKなど半導体関連が強かった。トヨタ自動車も上がった。

NHKで何回も取り上げられたソフトバンクグループが上がった。売った人多かったと思いますね。孫マジックがあるからなぁ(笑)「SBGが寄ったあとから上昇したのは、自社株買いのためでしょうか。それとも踏み上げ?」これに対して「上げないと叱られるね^ ^今は海外からは ジャンク債扱いされてるから。みずほ銀以外は 手を引いている段階ですな^ ^」と「単純に買い戻しでいっかい材料出尽くした形。」という答えがありました。

マザーズのアンジェスコロナウイルスに対する遺伝子ワクチンが予想以上に順調に進んでいると発表した。一時は値幅制限まで買われている。好決算だったコスモス薬品が買い人気を集めている。上場来高値更新した。



WORLD MARKETZより。

イタリアのコンテ首相は10日外出規制の解除に向けて動き出した。一部商店の14日からの営業再開を認める、経済活動は5日始めから段階的に再開させる方針だと発表した。トランプさんは経済活動再開に向けた諮問委員会を近く設立すると10日発表。ドイツのメルケル首相も医者から助言を受けながら緩和を進めると。

5日からコロナ感染で入院してたジョンソン首相は12日に退院した。

松本さん「OPEC減産合意はここまでよくまとまったと思う。1日あたり970万バレルは歴史的な減産量だろう。ずっと減産に反対していたロシアとアメリカも減らす方向へ動いたのは危機感の表れだと思う。サウジは強気だったが20ドルを割り込むとさすがに目の色が変わるらしい。

カナダはオイルサンドといって掘りにくいし、ブラジルは深海油田でコストが高い。アメリカはシェールで破綻が出始めている。これ以上は積極的に生産もできない状況。20ドル割れは押し目買いが入ると思う。サウジは出荷価格を顧客向けに発表しているがアジアやヨーロッパ向けには引き下げている。

アメリカには引き上げている。これはアジア・ヨーロッパにはシェアを取りに行く、バーゲンセールをやりますよ。アメリカにはシェールオイル業者に気を遣っているのでアメリカから強いプレッシャーを受けているのだろう。

FRBは経済と金融を切り離す政策で地雷を抱え込みマーケットを守る姿勢を見せている。ジャンク債にまで手を広げている。日本の出遅れ感は目立つ。

金は安全資産としての価値を高めていくのではないか。株は売りは出尽くしではないと思う。まだ悪材料は出て来る。4月~6月まではもう1回安値が来てもおかしくはない。」



にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ

にほんブログ村



株式ランキング

↑このページのトップヘ