未来と自分は変えられる

「反省はするが委縮はしない」 「トップというのは決める事と責任を取る事」 「ネットの痛いような孤独を感じるのよ」リスペクトする3人

カテゴリ: 株の世間話Ⅱ



ストックボイスより。今週の第2位の上昇率はブイキューブ2/19にイベント中止や延期でもオンラインで実施できる配信サービスを強化するとリリースを出した。web会議等。コロナ関連で買われた。

反対に下落率トップはツナググループ・ホールディングス2/14に1Q決算発表。営業赤字で5日続落した。パート・アルバイト採用代行。人材派遣募集銘柄が値下がりの上位に出てきたようだ。

抗インフル薬の投与承認求める 県、新型肺炎で国に

2020/2/22付
日本経済新聞 地域経済


『神奈川県は21日、新型コロナウイルスの感染者を受け入れている県内医療機関で、富士フイルムホールディングスが開発した「アビガン(一般名ファビピラビル)」の投与を認めるよう政府に要望書を提出した。抗インフルエンザ薬で、新型コロナウイルス向けの臨床試験は未実施だが、中国国内では同様の成分を持つ医薬品に同ウイルスに対する効果が認められているという。』



北原女史より。「NT倍率は日経平均をTOPIXで割ったもので相対的にどちらが強いかを見る物差しの1つ。14倍に上昇した。これは東証一部全体の動きが日経平均株価と比べて相対的に弱い。

東証REIT指数=上場している不動産投信の全体の動きを表したもの。長期金利が低下してるので分配金の利回りが魅力である。今は3.4%水準。ホテル系リートはホテルの収益によって変動するので賃料や契約を締結してるケースが多いので注意。株価は下落している。」

マザーズ上位銘柄紹介
Amazia3/31基準日での2分割が好感された。

AIinside人工知能を活用して文字の読み取りサービス。上方修正している。

フーバーブレイン情報漏洩ソフトが公官庁に採用された事が好感された。

サーバーワークスアメリカアマゾンAWS導入サービスが拡大。

逆に下落銘柄は

イオレ下方修正している。

ALBERT決算発表延期で。

TKP人が集まる貸し会議室はマズい。



高橋さんより。
東証一部3月期4-12月の増減率(累計)20年3月期売上-0.3% 営業利益-10.3%

東証一部3月期10-12月の増減率(累計)20年3月期売上-2.6% 営業利益-10.4%
減収減益で本業が弱い。

東証一部12月期今期会社計画の営業利益増減率 売上高(224社対象)+2.6% 営業利益(227社対象)+10.6%※コロナを織り込んでいるのかわからないそうです。※その中でも2ケタ営業増益の会社を紹介。事業構造改革で変化したものとか本業が伸びている会社だそうです。新型肺炎の影響があるかも。

中外製薬医薬品。今期営業増益率(会社予想)31%
日清紡ホールディングス電気機器。116%
千趣会小売り。133%
正興電機製作所電気機器。65%
ワールドホールディングスサービス。66%




にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ
にほんブログ村



株式ランキング



ストックボイスより。昨日朝方に為替が112までいったが後場は動きもなく安値で終わった。市場はウイルス報道で冷え込んでいる。日経平均よりTOPIXが底堅かったようだ。日経下落の寄与度はユニクロ東京エレクトロンファナックだった。上げる寄与度が高かったのが何とSUMCO値上がり1位(笑)ソフトバンクグループは28円上げている。

NT倍率が14倍に開いてしまった。日経平均が高すぎるのではと警戒感がある。TOPIXが追いかけるのか。日経平均は上には13週線、下には26週線が上がってくる。23.000台は居心地がいいのだろう。23.000の底堅さを試しに行くのか。

日本政府の対応が海外から批判されている。日本と韓国は感染が広がっている。中国はかなりピークを打ったような数字が出ているが。円安が日本売りではないかと言われている。だから株高の材料にはならなかった。


コロナウイルス関連でザインエレクトロニクスジャスダックはストップ高比例配分となった。感染者が増えていて不特定多数を一気に検査できるような顔認証AIを使ったサーモグラフィーサービスを発表した。一方コロナウイルスダメージサンリオは観光客減少が予想され売られていたが。サンリオピューロランドはしばらく休園すると発表しまた下げている。

西松屋チェーン2月決算。着地見通しを下方修正した。売上1.5%減。営業利益61%減の大幅減益修正。冬物が苦戦し値引き拡大で荒利が予想未達。株価も下がっている。2月の月次は112.6%でプラス。衛生用品(紙おむつ)やクリアランスセールが伸びたそうです。

デジタルガレージ期末配当に記念配当を付けるそうです。創立25周年記念で28円に10円付ける。38円になります。

セレスポジャスダック。2分割で3/31基準日。今2206だから1000台?安いですね。優待をやめたのでテコ入れではないか。イベント関連の会社なので足元は厳しいのではと。

新興市場はサーバーワークス2月決算で20年2月期の上方修正があった。すでに株価は大幅に上がっている。アマゾンからAWS導入支援。強い銘柄だそうです。




神王TVより。「インドで発生した4.000億匹もの“サバクトビバッタ“というバッタの大群が中国に向かっているという。作物は全滅し大災害だそう。国連機関の食糧農業機関(FAO)は深刻な食糧危機を訴える。蝗害コウガイと呼ぶ。3か月で20倍、9か月で8.000倍になるという。

気候変動の影響らしく。寿命は3か月。普段は孤独相で1匹1匹離れているそうだが、群生相になると移動に適した体に変化するそうだ。色が変わることもあるし、食べるものが変わることも。中国はこのバッタを認めているそうでウイグル地区に入ったという情報もあるらしい。

ドローンで殺虫剤散布計画をしているそうだ。インド軍70万人でも勝てないらしい。カビが弱点だそうで日本は湿度で守られているとか。1日当たり3万5.000人分の食糧を食べ尽くすそうだ。」



『リーピング』十の災いの映画です。



にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ
にほんブログ村



株式ランキング



はい日経平均は23.386(-92)24.000の節目から遠ざかる。NYダウもマイナス。上海は続伸。ドル買い円安方向へ。112円タッチは10か月ぶりで日本売りである。3連休前だからかな。

ソフトバンクグループ3日続伸。スプリントとTモバイルがこじれていたが株式の交換比率を修正すると発表。統合に向けて動きだしたのを好感された。富士フィルムホールディングス子会社が新型コロナを調べて試験薬の開発に着手したと発表。地合いの悪さで今ひとつ伸びなかったか。

昨日インしたSUMCOは年初来高値更新。5.000円プラス目標でしたが予想外の1万に(笑)半導体関連は上げ下げまちまちだった。世界のトヨタは今日も強かった。



WORLD MARKETZより。

1月小売売上高+0.9%(前月比)12月は-0.5%だったので市場予想を超えた。
1月失業保険申請件数21万件 予想通り。
2月フィラデルフィア景況感指数36.7%で大幅な上昇。1月は17%。

米グルーポン割引券の共同購入サイトの運営会社。昨年4Q決算。減収減益だった。予想を下回る。ロジスティック(物を届ける)な問題を背景に事業環境の悪化。物品販売のサイトを併設し改善を進めている。IPOの期待が高かった。

金融大手のモルガンスタンレーがイー・トレードを130億ドルで買収すると発表した。

東野さん「海外投資家が日本株を買える状況には映っていない。為替については日本売りの円安であっても逆にリスクオンの円安であっても今まで相場が動いてなかったから円安のベクトルが示された気がしている。新型肺炎による日本売りの円安であるから株式市場に手が伸びにくいのかも知れない。

足元では大型主力株が比較的売りが続いている。新型肺炎のピークアウトと業績回復が見られるタイミング待ちか。レンジ相場はしばらく続くだろう。アメリカ株は3月はあまりいいパフォーマンスはない。上海が急激に戻っていて3月に調整が入る可能性はある。

日本株はまだまだ24.000は遠いのではないか。上海に連動する動きが見られる。3月は日本株もリスクがあるだろう。空輸や小売りが下げている。値ごろ感が出ているのでリバ狙いもいいかも。」




にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ
にほんブログ村



株式ランキング



ストックボイスより。国内での新たな感染者が出たという報道が出て後場は急速に投資家心理が冷えた。アメリカ感染症センターがアメリカ人として日本に旅行する人たちに警告をしたと発信。日本は感染国扱いである。中国政府が中小企業の資金繰りの支援を行うらしいとの報道と円安が支えた感じだ。

福岡市で60代男性感染者が出ました。

輸出関連銘柄は良かった。ソフトバンクグループが日経を押し上げ、セブン&アイが押し下げた。米マラソンペトロリアムのガソリンスタンド部門の会社4000店舗の買収交渉を進めている。2兆4500億円。この金額に嫌気されたか。

前田道路は3月に特別配当として1株650円の配当を535億円の原資で実施すると発表した。3月権利割当日がTOBの期限になっており。TOB価格3.950円を期待してた人が売った。これだけのキャッシュが流出してしまうという前田建設工業にとっては誤算である。TOBをやめるのではと警戒された。前田建設工業は「誠に遺憾である」とリリースしたそうだ。ずっと揉めてますね。

興研タイの政府がマスクが国内で不足してるので輸出許可を停止する方針。ハイラックというマスクを輸出して日本で売っている。日本に入って来なくなるかも。

スシローグローバルホールディングス3/31基準日で4分割する。1:4で2200くらい?配当金は期末90円が22円50銭になる計算。優待制度も4倍になるので見直すらしい。100~199株の場合2000円の優待券を今後は1000円に。

寺岡製作所3月着地見通しを大幅減額修正する。営業利益7億5千万を5千万へ。93%減額。人材費用・研究開発費のコストアップで利益が減った。配当も年間で前年は14円を10円へ。4円の減配。

ワールドホールディングス製造業人材派遣会社。東邦チタニウム(金属チタンの会社)と素材事業に特化した人材ビジネス構築の合弁会社を設立する。だそうです。

ティーケーピー貸し会議室。不特定多数の人が集まる会議やセミナーの中止が相次いでいる。逆風で下げた。そしてマスクメーカーの重松製作所はこういう時は上がっている。




天野さんの3月IPOの22銘柄のうち少し紹介。「感染報道なんかあると真っ先に売られるのがマザーズ。」ホントよねぇ。

3/6上場 きずなホールディングス葬儀関係事業。価格破壊とか出ている。鎌倉新書など高パフォーマンスな銘柄が先に出ている。

3/10上場 ビサスクIT系。ビジネス分野に特化したナレッジシェアリングプラットホームの運営。資金吸収額68億円と多い。人気が出るのでは。

3/13上場フォースタートアップススタートアップ企業を対象にした人材企業。目新しくないが勢いがある。

3/19上場ゼネテック(ジャスダック)組み込みソフトウェア。好業績銘柄。

3/26上場アディッシュソーシャルアプリ向けサポート。投稿モニタリングネットいじめ対策など。ユニーク事業。1.090円と安く資金吸収が3.7億円と軽い。小口。人気大の可能性あり。




にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ
にほんブログ村



株式ランキング



はい今日の日経平均は23.479(+78)NYは強い。上海総合指数もしっかり。24.100~200が上でボトムは22.900~23.000のレンジ相場が続いている。もう一段強い材料がないと上昇トレンドに入れない。為替が111円台に乗せた。

日本郵船海運株市況が回復するのではと。中国が大規模な経済政策をする期待感とバルチック海運指数が下げ止まっているようだ。

前田道路が急落している。親会社の前田建設との敵対的TOBの対立を懸念。前田建設が提示している買取額を上回る特別配当を実施するなど泥沼化が予想される。

為替の影響か世界のトヨタが強かったです。ソニーが材料が出て上がっている。オリエンタルランドインバウンド関連で下げた。

ソニーと国連機関、SDGs企業育成で協業 

2020/2/20 14:13

『ソニーは20日、国連機関の国連プロジェクト・サービス機関(UNOPS、ユノップス)とイノベーション領域における協業契約を締結したと発表した。ソニーの起業家支援のノウハウを活用し、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」に取り組むスタートアップ企業を育成する。』



WORLD MARKETZより。

1月消費者物価指数 CPIの総合指数(前年同期比)+1.8%で予想1.6%超え
食料品除いたコア指数+1.6%で予想1.5%超えた。ただ失業率や賃金の上昇はあまり良くなかった模様

トルコの中央銀行 政策金利10.75%引き下げへ。ここ5~6日続けて引き下げている。一時期(2018年9月)は24%あったのがここ一連の引き下げで11.25~10.75%へ引き下げている。幅がなくなって来た。インフレ率は11.2%くらいだったのが-0.7%まで割り込んできた。大丈夫なのか。シリア問題や国内経済問題を抱えている。

「ドル円は2015年から5年にわたって続いたレジスタンスラインを上抜けた。ひょっとして112~113があるかも。上に抜ける方向に動いている。上海総合指数は旧正月前の水準まで戻している。操作はされているが理由なき楽観だと思う。人民銀行は多額の資金供給と政策金利を下げ次々と手を打ってくるが。春になるまでは感染者数は減らないだろう。バブルが近いかも知れない。中央銀行に供給する余地がなくなったら?金が避難資産となっている。」


ディッシュ・ネットワークケーブルTVサービス。10-12月期の決算。売上は前年同期比減。1株当たりの利益は増益。減収は予想していた。回復基調。



にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ
にほんブログ村



株式ランキング



ストックボイスより。「アップルはそんなに下げてはいない。NYは微調整か。日経はリバウンドしたがそんなに強くない。売られたハイテク関連が戻した。人の動きが少なくなっている。通勤状況も変化している。
JR東日本インバウンド懸念で売られていた電鉄株が下げ止まった。やはりアップル関連で半導体銘柄が売られていたが東京エレクトロン等が買われた。

AOITYOHoldingsイベント関連会社なので足元は厳しいだろう。12月決算。売上0.7%増。営業利益38.3%減。純利益赤字12億8千万で着地。システムコスト増とソフトウエア減損等、特別損失で厳しかった。受注はそれなりにあったらしいが。今期見通しは売上0.4%減。営業利益18%増で黒字転換としている。

ブロッコリージャスダックでキャラクターグッズ会社。2月決算の着地見通しの減額修正を出した。売上2億増。営業利益3億減額。ほぼ半減。スマホゲームが良くない。配当に関しては26円を下限として何とか維持するそうです。役員報酬の減額も発表している。

21年2月期を予想しているが営業利益は9億円でV字回復を見通している。

キャリアリンクコールセンター向けの人材派遣会社。売上0.2%減。営業利益7.6%増額修正。売上は厳しいが業務効率化と経費削減で利益が出ているそうです。

パークシャテクノロジーマザーズでトヨタと自動運転のAI開発会社。初めての自社株買いで36万株(1.18%)10億円の枠で2/20~3/5まで買い付け。

アイモバイルネット広告配信。自己株式の消却で245万5.454株(10.14%)約1割を2/28に消却するそうです。



藤井さんの新興市場コーナー
藤井さんが「小型株は利食いを機敏に。」って言いだした(笑)少し紹介。

AICROSS19年12月期は想定通りで今期は利益5%増。人材投資とかプロモーションに投資をする。取引先も1.400から2.900社に倍増。改めて見直されるのでは。

ギフティ売上57%営業利益88%で2019年12月は着地。今期も売上46%営業利益93%と強気の見通し。SNSを使ったネットサービスを利用する会社も5割増えている。

JMDC底堅く3Qの進捗率76%で継続的に買われるだろう。

Amazia1Qが良かった。進捗率が高い。電子書籍で外出しないので利用が増えるのでは。3/31基準日で2分割発表している。




神王TVより。2019年ヘッジファンドの儲かったベスト20のうち上位を紹介。
1位 TCI 2004年からイギリスロンドンシティ。プラス41%純利益が9.200億円。運用資産はロングポジション、アクティビストファンド=もの言う株主でいろいろ要求する。環境に配慮した投資。

2位 ローン・パイン・キャピタル 1996年からイギリスロンドンシティ。8.000億円で2兆円を運用している。

3位 ルネッサンス・テクノロジー 2005年から。ロバート・マーサーが元CEOでAIを使ったコンピューター投資。共和党支持者でトランプさんの政治資金を支援している。

4位 エガートン 5位 シラテル 19位 ブリッジ・ウォーター・アソシエーツ レイ・ダリオ率いるヘッジファンドで600億円プラス。マイナスではないが2019年は稼げなかったらしい。

CO2削減関連や排出権取引がヘッジファンドの中で熱いそうです。雑学的なのもたまには(笑)




にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ

にほんブログ村



株式ランキング



はい今日の日経平均は23.400(+206)5日ぶり反発。アジア市場は落ち着いている。円安基調で110円台へ。今日はアップル関連で下げた村田君が下げ止まった。同じく東京エレクトロンアドバンテスト等も上がった。ソニーも上がった。


コロナウイルスの影響か。円安の加速で円建ての金価格が40年ぶりの高値水準だそうだ。岡藤ホールディングス金や金の地金購入売却。短期的に資金が入っている。アメリカのドル建て金価格も上がっている。1ゴールドが1.600ドル台に乗せている。



WORLD MARKETZより。「減額修正したアップルだが市場予想よりは元々上だったらしい。生産拠点の中国のラインの稼働が遅れている。中国に15~18%の需要がある。

WHOのテドロス事務局長はエチオピアの投資を中国からかなり受けているので中国寄りであるのを批判されているが、SARSより致死率が低いと見解を示している。

22日はネバダ州ラスベガスで民主党員集会がある。前ニューヨーク市長のブルームバーグ氏が民主党大統領候補として初参戦するとか?」

小売りのウォルマート決算発表(11-1月期)があった。EPS(1株当たりの利益)は1.38ドルだったが市場予想1.44ドルを下回った。

2月NY連銀製造業景況指数+12.9% 市場予想より強め。コロナが織り込まれているのかわからない。


近藤さん「アメリカは見た目より悪いと思うが堅調さを保ち、日本は-6.3%GDPで下を向いている。アメリカはまだコロナウイルスは問題になっていないが日本は死者が出た。流れが良くない。

1月から勝つためのインデックス組み入れ比率を合わせてくる。2月以降は個別銘柄の選別。世界中の株式の比率はアメリカが55%で世界で3番目の日本でも7.5%と少ない。インデックスの中でも6割近く占めるアメリカに資金が入る。日本株は負けている。マーケットは上値を追うのではなく押し目待ちだろう。

FRBは7月以降も利下げをするのではなく大金を供給していくだろう。利下げを認めたらFRBが景気が悪いと認めた事になる。1.5%しかカードもない。

オリンピックが延期や中止なんかになったら下方圧力になる。ホテル建設やインフラ投資がムダになる。GPIF(年金)が支えているが社会構図が高齢化して年金資金が必要で売ってしまうかも知れない。GPIFの存在は追い風でなく逆風になるかも知れない。要警戒である。」




にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ
にほんブログ村



株式ランキング



ハイテク関連がやられましたね。アメリカ政府が中国に対する貿易規制としてアメリカ製の半導体製造装置の使用に制限を設ける事を検討しているとの報道も懸念材料になったらしい。インバウンド需要減退が懸念されるJR東日本は軟調。7日続落。ネットワンシステムズは5日続伸である。20年3月期の業績予想を下方修正したが架空取引を巡る悪材料が出尽くしたとして上げた。


荒野さん「日本株は米国株の高値更新について行けない。FRBの資金供給は7月まで続くらしいが日本株は自分で上がる力がない。今は買い場を見つける時。ロングポジションを持ってない人は来週再来週のタイミングを待つ。売りポジションの人は買戻しのタイミングを来週再来週待つ。」



ストックボイスより。東証一部の銘柄86%が下落。アップル関連が一斉に売られたが、アップルの1-3については予想していた事だった。とにかく地合いが弱い。小型株の下げがきつい。ユニクロは頑張ったがソフトバンクグループは下がった。

インバウンドの陸運セクターや小売りが弱い。ロイヤルホールディングスはインバウンド影響が強く大幅に下がった。今までコロナ関連で人気だったダイトウボウニイタカエアーテックなどが売られ始めて来た感じか。

「人の移動の制限でいろいろ影響が出ている。一般参賀や東京マラソン一般参加をやめたり。騰落レシオ(値上がり銘柄と値下がり銘柄の比率)は71.94まで下がって来た。今年に入って最低水準である。売られすぎ圏に入っている。」

トレンドマイクロ12月決算。セキュリティ関連。売上3%営業利益5.2%純利益1.3%減。北米の売上10%減。大型案件を前期に計上しているので伸びなかった。今期は売上5.5%で営業利益は横ばいを見込んでいる。

SBIホールディングス第2のメガバンク構想を進めている。2/18清水銀行と資本業務提携する。清水銀行から発行株式の3%を上限として既存株主より取得する。清水銀行はSBIホールディングスの普通株式を取得する。

SMN(ソネットメディアネットワークス)創業20周年と商号変更記念、去年SMNにしたのと30年で株主優待をする。100株からクオカード1.000円贈呈。今回限りの記念だが今後も考える。

バリューHR12月決算。働き方改革。2分割を3/31基準日。

SUMCO半導体ウエハー。218万株(0.74%)33億円枠で2/19~3/24まで買い付け。4月には消却するそうです。


 
にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ
にほんブログ村



株式ランキング



もうマスクが売ってません。オットがガソリンスタンドで1枚のマスクを貰いました。やっすい感じの(笑)貴重品ですねー

はい今日の日経平均は23.193(-329)アジア市場も下げてリスクオフムードになった。アップルの1-3月期の売上高が新型肺炎の影響で予想に届かないと発表され、アップル向けに部品などを納入している関連銘柄中心に売られた。村田君ピンチであるが頑張って欲しいです。東京エレクトロンSUMCOアドバンテスト等も下げた。

日本調剤は昨日分割と優待導入を発表して好感され大幅高した。優待内容が良かったですからね。



今野記者「中国死者数は3ケタから2ケタへ。数字を信用していいものかわからないが率は下がっている。日本国内が新しいステージに入っているので投資マインドが冷えている。WHOは致死率を3%から2%に変えて来た。日本の場合はクルーズ船の数が多く、致死率だと0.2%くらいである。

2/20㈭に中国が政策金利を引き下げるらしい。マーケットはそれを織り込んで動いている。上海は強い。実体経済は悪いが政策金利期待で上げている。タイ・フィリピン・メキシコ・ブラジルの中央銀行は金利を引き下げている。世界的に金融緩和モードが強まる中、日本から期待できるよそへ流れてしまっているようだ。」

金利を一気に引き下げるとバブル環境になってメリットのある銘柄だそうです。

西松建設トーセイ三井不動産野村ホールディングス等。




WORLD MARKETZより。
米1月鉱工業生産指数(前月比)+0.3%

アメリカは家電・衣服等の中国からの輸入品を1.200億ドルから関税税率15%を半分に引き下げた。中国もアメリカからの輸入品750億ドル分を半減した。

中国の全人代の開催延期が決まった。コロナウイルスに配慮してだが、2020年中国のGDP成長率見通し発表も延期される。アメリカや日本に影響するダメージはいかほどか。

武部さん「日本GDP-6.3%はネガティブサプライズだった。3/9㈪に10-12GDP改定値が出るので改善修正されればいいのだが。消費の萎縮であるなら全国のCPI消費物価指数が2月下旬に出るので要警戒。2月下旬から日銀が3月下旬までアンケート用紙を配り結果が4月に発表される日銀短観だが製造業の景況指数がどう影響して来るか。-6.3%にコロナウイルスは織り込んでいない。

日銀に追加緩和を要求するのか。日本だけ取り残されている。中国への依存度はこのままでいいのか。サプライチェーン問題で分散化見直しは必要である。」




にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ
にほんブログ村



株式ランキング


 
“ホルダーの敵はホルダー”これはUUUMで知った言葉。おバカな売り煽りは論外ですが(笑)売り煽りの人の発言は一応気に留めたほうがいいと思います。

WORLD MARKETZより。「世界的な金融政策で資金が流動していて株価上昇に貢献している。アメリカ株式市場はまだ上昇の余地がある。FRBの議会証言では、低金利環境というのは仕方がないとコメント。政策金利1.5、1.75を引き下げて来るのではとマーケットは織り込んでいる。コロナウイルスで経済的打撃があれば緩和的スタンスはもう一段進むかも知れない。」

エヌビディア1月までの3か月2019年4Q決算。売上が前年同期比を市場予想より上回った。1年前は厳しかったらしいです。

1月小売り売上高は総合が+0.3%で自動車を除いた部門は+0.3% 予想通り。



ストックボイスより。
日本の感染が広がり始めてる懸念とGDPの統計発表(10-12)で下げたようだが、台風と暖冬の影響だと背景がハッキリしている。地合いが弱かった。大型株が10ポイントマイナスで小型株は48ポイントマイナスで大幅に下げている。整理売りが出ているのかも。日経平均は75日線で何とか止まっている。押せば買いも入っているが。

そんな中でも富士通信越化学工業は上がっている。サイボウズはコロナ関連でもあり、テレワーク関連でもある。NTTがレテワークや時差出勤を要請し、サイボウズの出退勤管理システムがさらに導入されるのではと期待買いが入った。

日産自動車は500割れがあった。高配当ファンドが売らざるを得ないだろう。そしてJALANA等の輸送業は人が外に出ないのと人が来なくなるのとで厳しい状況である。

ブリジストン12月決算。売上3.4%減。営業利益19%減。当期純利益0.3%増。減収減益である。タイヤの需要が落ちている。配当は変わらず。為替が前年は110で今年度が109でやや円高だった。


日本調剤3月末を基準日として2分割する。今が3.720だから1.600くらい?か。同時に株主優待制度を導入する。3月末で100株以上の株主にこの会社のオンラインストアで購入可能な商品の優待券を。

100~500株で3.000円分 500株以上で1万5千円分。3/31に記載された株主である事。※300株持っていれば600株に増えて1万5千円分の優待券が貰えます。※




にほんブログ村 経済ブログ 金融経済へ
にほんブログ村



株式ランキング

↑このページのトップヘ